「小4の壁」問題

「小4の壁」とは…

入所できない!
2015年4月から始まった「子ども子育て支援新制度」では「学童保育の質と量の充実」が図られることになり
今まで入所条件が小学校3年生までだったところが6年生までに引き上げられました。
これにより一見、小学校4年生で学童に入れなくなるという「小4の壁」は無くなったかのように見えますが、
学童自体がそれほど増えたわけではないので、高学年になり初めて学童の待機ということになり、
結局、現状はあまり変わらない、というところも多く存在します。
会社によっては法定の3歳を上回る年齢まで時間短縮勤務を整備していますが、
小学校3年生まで、というところも存在するので場合によっては時短勤務もなくなり、
学童に入れない、というケースも出てきます。

【2017年度の市川市放課後保育クラブ(以下、学童)の入所状況】
定員オーバーの学童が複数出た為、高学年は抽選になったところが複数ありました。
2017.4 待機学童

ここでは市内でも待機の多い本八幡付近では2017年4月に関しては既に3年生も待機が出ているようですが、
せかんどほーむがある行徳地域内では、行徳小学校、行徳地域ふれあい館で4年生から、
妙典小学校、新浜小学校で5年生からの待機児童が出ています。
2017.4 行小待機
2017.4 妙典小待機
2017.4 新浜小待機
2017.4 行徳地域ふれあい館待機